子供にとって外での運動は学力アップに!公園で遊ぶことは頭にすごく良い

子供、特に幼児や小学生にとって、運動をすることは学力アップにつながるのをご存じでしょうか?

外出することはとても刺激がいっぱいです。
靴を履き、歩くいたり、走ったり、自転車に乗ったり。
光や音、においの刺激、足で感じる地面のデコボコの感触など、いろんな刺激があります。

外出の際、自転車なら、ハンドルをうまく操作しながら、バランスをとって、さまざまな危険を回避しながら進みます。
これはとっても頭にも良いことです。

もちろん歩いていく場合でも、道路を見たり、田んぼや畑、家やお店、空や建築物、通り過ぎる人や自転車、車を見たりと
家の中では体験できない刺激がたくさんあります。

虫を発見したり、お砂場で手を使って遊んだり、木登りしたり、おにごっこやかくれんぼをしたり。
お友達と話しながら、いろいろ考えながら遊ぶとさらに刺激がおおくなります。

特に、公園には自然がいっぱい。ブランコ・シーソー・滑り台・鉄棒・遊具もあるし、木や草・虫や鳥などもいる。
ボールを持っていけば、サッカーや野球などの練習もできますし、縄跳びや、ブレイブボードを持って行って練習することもできます。
でも、最近の子供はなかなか公園で遊んでいる姿をみることがあまりなくなりましたよね。

幼児や小学生の頃は、ぐんぐんと脳が発達する時期。脳が発達しないと、せっかく勉強してもなかなか頭に入らないし、
しっかりと深く考えることもできません。

歩いたり、自転車に乗ったり、公園で走ったりして体を動かすことで、筋肉が発達し、足だけでなく、全身の血流もよくなります。
もちろん、脳への血流もアップし、いろいろな刺激を脳で処理するため、脳の神経回路もどんどん発達していきます。

このように、脳の神経回路がしっかり発達した状態で、勉強をしていくと、記憶力や思考力、吸収力も段違いになります。

最近は、手軽にスマホでゲームができてしまうため、家の中でも、外出先でもスマホでゲームしている光景が見られます。
また、DSやニンテンドースイッチなども人気で、家の中でも外でもゲームができる環境が整っています。
どこでも手軽にゲームができてしまう現状もあり、世界中の子供たちが、ゲームにはまり、ゲーム依存症なども問題になっています。

大人でも、日常生活とゲームをはっきり区別することが難しくなっています。
子供ではさらにコントロールすることが難しいのです。
面白いこと、楽しいこと、あまいもの、おいしいものにはどんどんはまってしまうのが子供なのです。

家の中でゲームばかりやっている状況になる前に、タイマーを使ってゲームをするのは1日1時間までなどと制限するとよいでしょう。

宿題をやったら、お手伝いをしたらゲーム時間を与えるというのもよい方法です。
ゲーム以外のことにも目を向けてもらえるとよいですよね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>